地域密着型福祉事業・放課後等デイサービスのノウハウを提供するメディア

言語聴覚士について

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、幼児から高齢者まで、話す、聞く、読む、書く、食べる、飲み込むことなどが不自由な方に、それぞれの能力を回復させるリハビリテーションを行うプロを指します。

それらの障がいは失語症や認知症、記憶障がいなどによって引き起こされるとされています。原因は脳卒中や交通事故、あるいは生まれつきのケースもあります。

言語聴覚士の取り組む作業は、主に言語能力や聴覚能力、嚥下(えんげ)能力の回復トレーニングとなります。

 

言語聴覚士の仕事について

言語聴覚士によるリハビリは、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、歯科医師といった医療従事者と連携するチーム医療を通じて行われます。介護福祉士やケースワーカーなどの保健や福祉のプロ、さらには教育や心理の専門職との役割分担によって実施することもあります。

 

業務としては、失語症などの言語障がいや聴覚障がい、声や発音の障がい、言葉の発達の遅れなどに対して、対処法を見いだすことからスタートします。課題の原因を明らかにするために、検査や評価を実施したり、状況に応じてリハビリトレーニングを行うほか、助言や指導などのサポートも実施します。

 

かなり専門性の高い職種であるため、患者さんはもちろん、チームで取り組む医療従事者からも頼りにされる仕事と言えるでしょう。専門技術が日進月歩で進歩するなか、「認定言語聴覚士講習会(日本言語聴覚士協会主催)」などのセミナーに参加することで、担当の患者さんにより適切なリハビリを実践できる可能性もあります。

 

■言語聴覚士が取り組む課題は、主に以下のとおりです。

  • 言語障がい・・・上手く会話ができない、話の理解が難しい、文字の読み書きが困難
  • 音声障がい・・・声帯を失うことなどで声が出ない、出にくい
  • 嚥下障がい・・・食べ物を上手く噛めない、飲み込めない

 

言語聴覚士という仕事の魅力

人々が健やかに生きていく上で、「話す」「聞く」「噛む」「飲み込む」といった行動は大切です。言語聴覚士の仕事は、こうしたことができない、あるいは難しい人に対して、機能回復を目指したリハビリテーションを行います。

日々の生活が快適で楽しくなるように、あるいは職場など社会復帰ができるように、患者さんに寄り添いながらサポートする日々は、担当の言語聴覚士にとっても充実したものです。少しずつでも機能が回復に向かう手応えを感じる時、さらには患者さんの目標を達成した時の喜びは、他の何物にも代えがたく尊いものです。

 

言語聴覚士がリハビリを行う対象者は、老若男女を問いません。

特別支援学校や言語障がい児学校といった教育機関、幼稚園や保育園などで勤務するケースもあり、子どもと関わりたい人には最適な仕事の一つと言えるでしょう。この場合、保育園や幼稚園の先生だけでなく、保護者の方とのコミュニケーションも不可欠です。自宅でできるトレーニング方法のほか、子どもの気持ちを大切にする接し方などもアドバイスします。

資格取得者が少なく、現場では常に人手不足状態であることも、言語聴覚士の明るい未来を約束していると言えそうです。

 

言語聴覚士になるための条件・資格

言語聴覚士として仕事をするためには、まず国家資格である言語聴覚士の試験に合格しなければなりません。
また、国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ言語聴覚士と名乗って業務を行うことはできません。

 

高齢化社会が進行する中、摂食や嚥下に障がいを抱える人、老人性難聴に悩む方は、ますますの増加が予測されます。アルツハイマー型をはじめとする認知症によって、コミュニケーション障がいに陥る方も、さらに増えると考えられます。介護や福祉の現場、さらには言語聴覚士の養成機関において求人の活発化が見込まれます。

 

資格について

国家資格である言語聴覚士になるには、毎年2月に行われる国家試験に合格し、言語聴覚士の資格を取得しなければなりません。

言語聴覚士国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣に指定されている養成施設にて定められたカリキュラムを修めて卒業する必要(卒業見込みも含む)があります。養成施設には4年制の大学、3年制の短期大学、3年制または4年制の専門学校があります。夜間コースを備えた専門学校もあり、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

国家試験の受験要綱についての詳細は厚生労働省のHPで詳しい情報が載っておりますので、そちらでもご確認ください。

 

参考:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

 

資格取得後

言語聴覚士には、医療や福祉、教育の分野で、さまざまな活躍のフィールドがあります。自分の得意なリハビリの技能を発揮できる病院や施設を見極めて就職先を決めましょう。大学や短大、専門学校に在学中、インターンシップで現地訪問し、自分との相性を確認しておくこともおすすめします。

 

言語聴覚士が活躍するフィールドは、主に以下のとおりです。

 

医療施設

総合病院(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科、形成外科、口腔外科など)、大学病院、専門病院、地域病院、診療所、リハビリテーション施設、ほか

 

福祉施設

特別養護老人ホーム、障害福祉センター、小児療育センター、デイサービスセンター、肢体不自由児施設、重症心身障がい児施設、ほか

 

保健施設

保健所、介護老人福祉施設、訪問看護事業所、訪問リハビリテーション事業所、デイケアセンター、ほか

 

教育機関

小中学校、特別支援学校(聴覚障がい、知的障がい、肢体不自由)、言語聴覚士養成施設(大学、短大、専門学校)、研究施設、ほか

 

言語聴覚士として働くための心構え

言語聴覚士をめざす養成機関で知識と技術を身につけ、国家試験に合格することは、言語聴覚士としてのスタートラインに立った段階に過ぎません。

 

さまざまな症状に悩む、いろんな個性を持つ患者さんと向き合う現場に立ってこそ、信頼される言語聴覚士としての実践力を高めることができると理解してくことが大切です。

 

現場では患者さんから「先生」と呼ばれることも多く、緊張のあまり学んだ知識や持てる技術を十分に発揮できない場合もあります。

とくに自分の担当患者さんを持つようになると、密接な関わりから生まれる信頼関係と、それに比例して大きくなる責任感から、ますます委縮してしまうこともあります。

 

自信を持ってリハビリ指導に取り組むには、資格取得後も日々の勉強を怠ってはいけません。

言語聴覚関連の最新情報はもちろん、チーム医療に取り組む理学療法士や作業療法士の知識も積極的に収集することが、自分の成長はもちろん患者さんにとってのベストなリハビリと回復に結びつきます。

 

さらに言語聴覚士は、患者さんへの共感や思いやる心が大切です。

患者さんの中には、身体的にはリハビリによる効果を得られても、精神面での回復が伴わないといったケースもあります。思うように話したり聞いたりできない、噛んだり飲み込んだりが難しいことにイライラしたり、時にはリハビリに対して後ろ向きになってしまうことも少なくありません。

 

こうしたことから言語聴覚士には、患者さんに寄り添うことで気持ちを理解し、満足していること・不満なことに共感し、リハビリへのモチベーションを引き出していく必要があるのです。

 

まとめ

言語聴覚士は、会話や咀嚼(そしゃく)、嚥下なども行為を手助けすることで、その人のコミュニケーションスキルや食事をする機能を回復に導く職業です。「話す」「聞く」能力には「理解する」要素も不可欠なため、脳の機能に関わる働きをサポートする仕事とも言えます。

 

患者さん本人の意欲を引き出すために、患者さんとの親密なコミュニケーションが求められます。機能回復に向けての責任も感じますが、だからこそ快方へ向かう際には患者さんと喜びを共有できます。

好きな人や親しい人とおしゃべりする喜び、美味しいものを食べたり飲んだりする幸せな表情を見ることで、自分自身もハッピーな気分になることができる職業です。

メルマガ登録福祉事業の最新状況や、経営に役立つ情報を配信中