地域密着型福祉事業・放課後等デイサービスのノウハウを提供するメディア

理学療法士になるためには

理学療法士とは、病院の患者さんや介護施設の利用者さんにリハビリを行う仕事です。

リハビリを行う方法は他にもありますが、理学療法士が行う治療方法は【理学療法】と呼ばれています。

理学療法とは、法律の中で、「身体に障がいのある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」と定められています。

具体的なリハビリ内容は、立つ、座る、歩行、寝返りなどといった運動で、これらの基本的な運動機能回復です。

 

理学療法士の仕事について

理学療法士は、病気や事故などによって身体機能が低下した患者のリハビリテーションを行う職業です。

病院などのリハビリテーションの現場では多くの理学療法士が活躍しています。

主な仕事として、病気や事故などにより、身体に障害や不自由を抱えた人や、身体機能が低下した高齢者などに対してリハビリテーションを行い、回復のサポートをするのが理学療法士の仕事です。

理学療法士によるリハビリテーションは医師の指示の下で行われ、運動療法や物理療法などが用いられます。担当する患者さん、一人一人の状態を把握してそれぞれに最適なリハビリ計画を考え、実行します。

 

理学療法士になるための条件・資格

理学療法士として仕事をするためには、まず国家資格である理学療法士の試験に合格しなければなりません。

国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ理学療法士と名乗って業務を行うことはできません。

高齢化が進む昨今の日本では、リハビリが必要な状態にある人が増加しており、理学療法士の需要がどんどん高まってきています。

そのため、病院の中で行うほか、自宅でリハビリを行う機会が増えており、訪問リハビリの現場で活躍する理学療法士が増えています。これから多くの人材が必要になってくる職業でしょう。

資格について

国家資格である理学療法士になるには、毎年2月に行われる国家試験に合格し、理学療法士の資格を取得しなければなりません。

理学療法士国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣に指定されている養成校にて定められたカリキュラムを修めて卒業する必要(卒業見込みも含む)があります。

他にも特例として、既に作業療法士の資格を保有している場合は一部のカリキュラムを免除されるため、国家試験受験までの負担が軽減されるものもあります。

国家試験の受験要綱についての詳細は厚生労働省のHPで詳しい情報が載っておりますので、そちらでもご確認ください。

 

資格取得後

理学療法士には、医療介護分野で、様々な活躍の場があります。

理学療法士が勤務している職場としては、まず医療施設(病院・クリニック)があり、あとは介護施設(介護老人保健施設、介護老人福祉施設など)に務めるケースが一般的に多いとされています。

医療機関では急性期や回復期など、その患者さんの状態に合わせ、回復・退院を目指しリハビリを行います。一方、介護施設や訪問介護事業所ではリハビリによって利用者さんの自宅復帰や機能維持を目的とします。

どちらも大変ニーズがありますが、自身が貢献したい場所で選ぶと良いでしょう。

 

理学療法士として働くための心構え

体の悩みを抱える患者の方は十人十色。一人一人の体のどこが不自由なのかを把握し、日々、さまざまな悩みを持つ患者の方一人一人に提案したり、患者の方の体を動かしたり、支えたりするため、さまざまなスキルが必要になっていきます。

まず、必要な能力として挙げられることは心身が健康であることです。

治療運動や訓練などの理学療法を行うときは、正しい場所に適切に力を加えたり、移動する際に患者さんの体を支えていきます。

理学療法士としての実力を発揮するためにも、自分自身の体調管理をしっかり行えることもスキルとしてとても重要です。

さらに理学療法士は心身の健康とともに、患者の方への共感や思いやる心も必要です。

患者の方の中には病気やケガなどさまざまな形で障がいを抱えることになることもあり、精神面の回復が追いつかないといったこともあります。

そのため、リハビリに対して消極的になってしまったり、思うように体が動かないことに対していら立ちを抱いてしまうこともあります。

理学療法士は患者の求めるものだけではなく、何ができるのかを見極めながら、もっている能力を提供しなければなりません。

そのためにも、まず患者に寄り添うことで気持ちを理解することで共感し、リハビリへのモチベーションを引き出していきます。

そのため、理学療法士はリハビリテーションや運動能力の回復やサポートととも患者の精神的から支えとなる職業といえます。

理学療法士は国家試験を取得するために勉強をしていく必要がありますが、資格取得後も勉強をしていく必要があります。

その理由は日々変化し続けていくリハビリに関連する医学を学び続ける必要があるからです。

さらに、担当医師がリハビリに精通しているとは限らないことがあるため、理学療法士が患者の身体機能を観察し、適切な処置を判断するケースも少なくありません。

そのため、理学療法士は患者の方が日常生活に復帰できるように総合的にサポートするという重要な役割を担っているといえます。

 

まとめ

理学療法士の仕事は運動療法や物理療法を用いて患者さんの身体機能の回復を支援することです。

また、患者の肩の運動量力の回復やサポートだけでなく、精神的な支えとして身近な存在でいなければなりません。

他の医療域と連携し、その人らしい生活を取り戻すためのリハビリ計画を立てて実践します。粘り強く取り組む姿勢も求められる仕事です。

日本の65歳以上の高齢者数は、2025年には3500万人を超えると見込まれており、今後も理学療法士のニーズは高まる事が予想されます。

「事故や病気などで体が不自由になった方を自分の知識やスキルで支援ができる。」というのは、とてもやりがいになるのではないでしょうか。

メルマガ登録福祉事業の最新状況や、経営に役立つ情報を配信中