保健師になるためには

thumbnail

保健師とは、「保健師助産師看護師法」において、看護師と保健師の両方の国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた人のことを指します。

老若男女問わず、地域の人々の健康をサポートする保健師。

今回はそんな保健師が行っている具体的な業務内容や、保健師になるためのステップ・条件などを紹介していきます。

保健師の活躍する場所

保健師は、業務内容によって、大きく3つに分類されます。

一つは、公務員として働く「行政保健師」。二つ目は、企業などに勤務し、従業員の健康サポートを行う「産業保健師」、そして三つ目は、学校などの教育機関に勤務して教職員や生徒の健康サポートを行う「学校保健師」です。

就業場所によって細かな業務内容は異なりますが、人々が健康な生活を送るために、当事者や地域社会のサポートを行うことが、保健師としての共通した役割です。

勤務先別 保健師の仕事内容

先ほど示した3つの分類を元に、保健師が各勤務先でどのような業務を行っているのかを順番に紹介していきます。

●行政保健師

保健所

保健所では、保健師以外にも、医師や看護師、管理栄養士、薬剤師、精神保健福祉士などのさまざまな専門家が従事しています。これら多くの専門家が協力し合って、住民の健康管理を行っています。

保健師は、感染症などの感染予防対策や啓蒙活動の実施、医療機関との連携を行うなど、地域医療や健康増進において重要な役割を担っています。

また、療養中の患者やその家族への支援も保健師の役割です。いつも通りの生活を送れるようになるためのサポートや相談に応じます。

市町村保健センター

保健所は都道府県単位で設置され、広域的なサポートを行うのに対し、市町村保健センターは、市町村単位で設置されている機関で、より地域住民に寄り添ったサポートを行います。

市町村保健センターの保健師の業務内容としては、一般住民に対する健康診断やがん検診、生活習慣病の予防教室や面談、講座などを実施します。

母子に対しては、母子健康診断や子育て教室、児童虐待予防の啓蒙活動などを実施します。

また、高齢者に対しては、本人や家族に向けた介護予防や認知症予防の教室を実施したり、相談を受けることもあります。

●産業保健師

企業・事業所

企業や事業所に勤務する保健師は、基本的にはその企業の職員の一人として勤務します。そして、ほかの従業員が健康でかつ快適に業務に携わることができるようにサポートをすることが役目となります。

具体的には、従業員の健康診断、生活習慣の指導、労働環境の整備、メンタルヘルスケアのサポートなどを行います。従業員と経営陣の橋渡しのような役目で、お互いの健康維持・増進を目標として業務に携わります。

従業員の健康を守り、サポートを行うことによって、会社の利益に貢献することが産業保健師としての役割です。

●学校保健師

小・中・高校あるいは大学などに勤務し、生徒や学生、教職員の健康サポートを行います。具体的には、怪我や急病に対する応急処置、ハラスメントなどによるメンタルヘルスケアや、ハラスメント防止のための対策を行うことなどがあります。

注意点としては、養護教諭との区別です。養護教諭はいわゆる「保健の先生」と生徒から呼ばれる立場の職種で、これは養護教諭の免許がないと従事できません。学校保健師とは別の立場になります。

●地域包括支援センターの保健師(その他)

地域包括支援センターは、各市町村が設置主体となり、自治体から委託されていたり、社会福祉法人や社会福祉協議会、民間企業などが運営しているケースもある施設です。

保健師のほかに、社会福祉士やケアマネジャーが在籍しており、高齢者の生活が快適になるように医療介護福祉の視点からサポートを行います。

介護予防の活動をしたり、家族の心身面サポートを行うことも保健師の役割のひとつです。また、関係機関や地域住民と連携できるようにネットワークをつくっていくことも、重要な業務となります。

保健師に必要な資格

保健師は国家資格を有する職業です。

この保健師の国家試験を受験するためには、看護師国家試験に合格後に、指定された保健師養成校で1年以上の学科を修了する必要があります。修了後、保健師の国家試験受験資格が得られる流れになります。

例えば、3年制の看護専門学校に通っている場合は、卒業時に看護師国家試験に合格後、さらに1年以上保健師養成校で学科を修了し、保健師国家試験に合格することでようやく保健師を名乗ることができます。

ただし、4年制大学の看護系学部に在籍し、保健師になるためのカリキュラムを並行して取得した場合は、看護師および保健師の受験資格を両方得られますので、同時に受験することが可能です。

注意点としては、保健師国家試験に合格していても、看護師国家試験に不合格だった場合は、保健師を名乗ることができないということです。看護師資格があっての保健師資格だという認識を持っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

保健師と一概に言っても、所属する組織によってサポートする対象者が変わったり、業務内容に違いがあります。

自分は保健師になってどういった業務を行いたいのかということを明確にしておくことをおすすめします。

保健師の資格を得られるまでには長い期間をかける必要がありますが、「人の健康増進・疾病予防に従事できる」ことで、地域住民をはじめとした多くの人を笑顔にできる仕事です。

「健康増進を通じて、多くの人の役に立ちたい」という思いの強い方にはきっとぴったりな仕事のはずです。

人気記事

  • なぜ今、日本の障害者人口が増加しているのか

  • 【開業】障害者の就労支援事業立ち上げ完全ガイド

  • 福祉事業に必要な物件選びのコツ

  • 福祉事業の人事評価制度のポイントって?

  • 福祉用具貸与事業を開業するには

関連記事

  • 放課後等デイサービス

    柔道整復師について

    • 国家試験
    • 国家資格
    • 整骨院
    • 柔道整復師
    • 機能訓練指導員
    • 法律・用語
    • 福祉
  • 放課後等デイサービス

    鍼灸・整骨院などの治療院の経営者に、放課後等デイサービスへの参入を勧め…

    • 事例
    • 地域貢献
    • 接骨院
    • 放課後等デイサービス
    • 整骨院
    • 新規事業
    • 治療家
    • 治療院
    • 社会福祉
    • 鍼灸院
    • 開業
  • 放課後等デイサービス

    レセプト業務をするために有効な資格とは?

    • レセプト
    • 医療事務
    • 法律・用語
    • 福祉
    • 診療報酬
    • 資格
  • 放課後等デイサービス

    理学療法士になるためには

    • マッサージ
    • リハビリ
    • 事故
    • 国家資格
    • 怪我
    • 治療
    • 法律・用語
    • 理学療法士
    • 病気
TOP

【無料】年商1億円の事業モデル解説本

融資や補助金を獲得したけど投資先に困っている。そんなあなたへ地域密着で社会貢献して収益を上げる年商1億円の事業モデルの作り方を大公開しています。